低用量ピルを検討している女性の画像

ゲスターゲン配合の低用量ピルであるメリアンの効果

メリアンはホルモン剤の量を、最小限にまで抑えた低用量ピルです。
ピルにはエストロゲンとゲスターゲンという、2種類のホルモン剤が含まれています。
どちらも卵巣から分泌される、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2つの女性ホルモンと同じ作用を行うのが特徴です。
女性ホルモンは常に一定の量、分泌されているという事はありません。
生理後は卵胞ホルモンの分泌が多く、卵胞ホルモンの量がピークに達すると排卵が起こります。
そして次に黄体ホルモンの分泌量が増え、子宮内膜を厚くするなど妊娠しやすい、体へと変化するのです。
このように、女性の体は2つの女性ホルモン分泌量が変化する事で、排卵し妊娠したり生理となります。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンと、同じ作用を持つエストロゲンとゲスターゲンが含まれている為、毎日服用を続ければ常に2つの女性ホルモン量が一定です。
女性ホルモンバランスが変化しなければ、排卵を起こす事もなく結果、避妊の効果を得られます。
メリアンはエストロゲンとゲスターゲンの量が、かなり抑えられている低用量ピルなので、服用しても体内の女性ホルモンバランスが急激に変化する事がありません。
ですので、高用量ピルや中用量ピルに比べると、各段に副作用のリスクが少なくなっています。
「ピルは副作用が怖い」というイメージを持っている方でも、メリアンなら安心して服用できるでしょう。
メリアンは21日服用を続け、その後7日間は服用を休むピルです。
だいたい同じ時間帯に21日間毎日飲み続ける事で、避妊の効果を得られます。
また、避妊だけでなく生理痛の緩和や女性ホルモンバランスが乱れる事で起こる、大人ニキビの改善にもメリアンは有効です。