低用量ピルを検討している女性の画像

低用量ピルと危険と太らないについて

ピルは怖いとか危険なイメージを持っている人もいるでしょうが、その副作用的なものが大きく影響をしたのは、もはや40年以上も昔の話です。現代の世の中で一般的に使用されるのは、低用量ピルであるためです。昔のピルは高用量や中用量だったので、重い頭痛が起きたり血栓症があったり、吐き気を感じるような副作用はあったものです。しかし現代においては低用量ピルの処方がメインです。含まれるホルモン量においても、1/10の量にまでセーブをされていますので、正しく服用をするとこで、不安はほとんどないものです。

ピルの服用によって体重の増加を心配する女性もいますが、病院で処方をされる低用量ピルは太らないので、心配をすることはありません。ただ体重が少し増えたとしたら、それは服用をするピルのタイプにもよる可能性が出てきます。女性は生理前になると食欲が増加する傾向になりますが、そんな状態が続いてしまうので、むくみのある状態を感じやすくなります。しかし個人差があるので、ピルの医薬品になれていくことで、症状は治まることが多いです。本人にそのピルがあっていないことも考えられるために、信頼できるドクターに相談をして、自分にマッチしたピルの処方をしてもらうなど、対処をすることは可能です。

太るというよりも、女性らしい体つきになって、それが太るような印象を感じることもあります。ピルを飲むようになるということは、体内ではいつも妊娠をしている状態です。妊婦の女性というのは赤ちゃんを守る必要がありますし、出産を控えていますので、体内には脂肪を蓄えやすくなります。だからと言って低用量ピルを飲むことで、女性が全員が太ることはありません。