低用量ピルを検討している女性の画像

低用量ピル服用で起こる体重増加や性交痛の副作用

 低用量ピルとは、ピルの中でも含まれる女性ホルモンの量が低く抑えられているものです。そのため、中・高用量ピルと比べて副作用が出にくく、手軽に服用できるというメリットがあります。しかし、全く副作用が出ないという訳ではないので、服用にあたってはそのことについて理解しておく必要があります。
 代表的な副作用のひとつに体重の増加があります。そもそも、ピルに含まれる女性ホルモンとは具体的には卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンのことを言います。女性の身体内でも作られているこれらのホルモンが同時に分泌される時期というのは排卵後から生理が来るまでの間と妊娠時になります。妊娠時と同じような状態と考えると体重増加は自然なことでもありますが、それを引き起こす原因は、むくみと食欲の増加です。むくみとはつまり身体に水分がたまりやすい状態となり、外に排出しにくくなることなので、水太り状態となって体重が増加します。そして、空腹感が強くなる場合もあります。これによって必要以上に食べ過ぎてしまい、結果的に体重増加に繋がることとなります。
 他にも、低用量ピルであっても飲み始めることで性交にも影響が出てくることがあります。服用によって子宮の入り口が狭くなり、分泌液の減少などが起こることで、性交痛が生じやすくなるのです。また、分泌液が少なくなるということは、感染症にかかりやすくなるという問題もあります。性交痛は女性にしか分からない問題であり、それが理由で性欲の減退に繋がっていくと、パートナーとの深刻な問題に発展する可能性があります。パートナーがいる場合において、性交に関する副作用は非常に重要な問題であるため、恥ずかしがらずに医師に相談し、ピルの種類を変えたりといった対処方法を教えてもらうといいでしょう。