低用量ピルを検討している女性の画像

射精しても妊娠しない低用量ピル、抗生物質併用に注意

うっかりコンドームをせずに射精してしまった・・・、こんな時でも事前にピルを服用していれば安心です。
ピルは正しく服用すれば、100%の確率で避妊の効果を得られる薬なのです。
なぜ、コンドームをせずに避妊の効果を得られるのかというと、ピルに含まれるホルモン剤に秘密が隠されています。
ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという、2つの女性ホルモンと同じ働きを行うホルモン剤が含まれています。
ピルを服用する事によって、体内の女性ホルモン量が一定に保たれる為、排卵が起こりません。
排卵がなければ、もし射精してしまったとしても、卵子と精子が結びつく事は無いので、確実に避妊の効果を得られるのです。
ただし、避妊の効果を得られるのは正しく服用した時のみです。
飲んだり飲まなかったりなど、間違った服用をしてしまえば、排卵を起こし妊娠の確率が上がってしまいます。
また、生理初日以外にピルの服用を始めると、避妊の効果が現れるまでに時間がかかるので、その点は注意しましょう。
最近はピルでもホルモン剤が最小限に抑えられた、低用量ピルの処方が主流です。
低用量ピルは服用しても、急激に体内の女性ホルモンバランスが変化しない為、副作用が起こり難いと言われています。
ピルは副作用が強いという考えの方も、低用量ピルなら安心して試せるのではないでしょうか。
ただ、薬の中には一緒に服用すると、効果が薄れてしまったり逆に、効果を上げ過ぎてしまう薬も存在しています。
抗生物質の中にはピルと併用する事で、ピルの効果を下げてしまう薬があります。
ピルの効果が落ちてしまうという事は、避妊の効果も薄れてしまうのです。
ピルを服用中の場合は処方された抗生物質を、必ず確認したりピルを服用している事を医師や薬剤師にきちんと伝えましょう。